協議会設立まで

1997年

ニャンポジウム(区民と考える猫問題シンポジウム)開催
1998年 磯子区のルールを作るための「磯子区猫の飼育ガイドライン検討委員会」設置(区民公募9名、区の獣医師2名、動物愛護団体3名)
1999年 磯子区猫の飼育ガイドライン施行(4月1日)ガイドラインを普及させるボランティア組織として『磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会』設立
2000年 行政の事業ではなく、補助金をもらわない 会員からの会費で運営するボランティア団体となる

参考「地域猫のすすめ」文芸社/発行 黒澤泰/著

主な活動実績

2000年から毎年 ノラ猫の不妊去勢手術助成の実施(実践グループの地域猫対象)オス3,000円 メス6,000円

2000年~

譲渡会「ねこの会」開催(月1回)

2001年~

会報「にゃんねっと」発行(年4回)

2015年~

磯子まつり参加
  地域猫のパネル&写真展(年2回)

▶セミナー開催

▶「ねこの会」主催 手作り猫グッズのワークショップ開催(2回)

 

会員数 257名(2019年7月調べ) 

実践グループ数 20(2019年7月調べ)

収支報告について

いそねこ協議会は、会員年会費、バザーの収益、みなさまからの募金により運営しています。

行政と協働で活動していますが、行政から補助金などの支援は受けていません。

運営費、地域猫の不妊去勢手術費用の補助、セミナー開催費用として使われています。

会員への収支報告は6月総会にて行い、総会議事録とともに「にゃんねっと夏号」と一緒に送付しています。

私たちが目指すもの

猫を飼うことで心が豊かになる人がいる一方、猫による被害や衛生上の問題で困っている人もいます。

磯子区では、行政と住民、動物病院が一緒に猫トラブル解決に向かって取り組む環境を作っていこうと考えました。

何度かの話し合いを経て、人と猫とが共生していくためのルール「磯子区猫の飼育ガイドライン」ができました。

磯子区内の猫トラブルがある地域に実践グループ(地域猫活動をするグループ)の結成を奨め、磯子区内の猫トラブル0を目指しています。

『磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会-いそねこ協議会-』は、飼い猫と地域猫の適正飼育・管理のルールである「磯子区猫の飼育ガイドライン」をより多くの人に知ってもらうために活動しています。